持続可能な社会へのパラダイム・シフトに向けた情報発信サイト

バイオハーモナイジング:自然派バイオハッキング

バイオハーモナイジング:自然派バイオハッキング

日本の里山発の超健康法
画像の説明

バイオハーモナイジングとは

バイオハーモナイジングとは身体の調和を保つことですが、身体、マインド、スピリットすべての調和を図り、自分と、腸内細菌などのミクロの世界と、自分が暮らす土地の微生物、山、川などの自然環境、動植物、そしてガイア(地球)と調和を生み出すことです。

簡単に言うと、自然派バイオハッキング。

バイオハッキングとは

バイオハッキングは世界的に流行っている健康法ですが、身体や頭脳を最適化して、長寿や不老不死を目指したり、パフォーマンスの向上を目指すことです。

シリコンバレーを中心に広がりました。ハッキングというのはエンジニアリングみたいなものですが、自分の身体を徹底的に調べ、測定し、最新医学やバイオテクノロジーの知識に基づいて最高の状態に整えることです。

食事法
間欠的ファスティング
運動
ホルミシスの原理を利用したその他の活動
など自然に近い方法から

コンピューターチップの埋め込み
輸血
幹細胞治療
など人工的なものまで多岐にわたっています。

バイオハーモナイジングは自然なプロセス

バイオハーモナイジングでは、自然な行為だけ行い、人工的なことはほとんど行いません。なぜなら、人工的なことを行うことで、かえって身体のバランスを乱してしまう恐れがあるからです。

バイオハーモナイジングでは不老不死を目指していない

バイオハッッカーの多くは不老不死を目指しています。不死まで行かなくても、180歳や250歳まで生きるというように、寿命を大幅に伸ばそうとしています。

バイオハーモナイジングではそこまで長く生きようとは思っていません。今ある寿命の範囲で、死ぬ時まで健康な状態を維持し、最後はコロリとこの世を去ることを目指しています。つまり、100歳~120歳ぐらいまで、生活習慣病にかかることなく活力を持って生き続けることです。

いかに長く生きるかが目的ではなく、いかに価値ある人生を送るかが目的です。生きがいが先にあり、自分のミッションを達成するために元気な状態を維持するのです。

寿命は自然であり、その時が来たらそれを素直に受け入れ、次の進化の段階に進んでいきます。ただ、最近の研究によると、老化は病気であり、自然現象ではないそうです。生活習慣から来るものです。そうならば、それを本来の状態に戻すことは自然な行為ではないでしょうか。癌、糖尿病、認知症などの生活習慣病は本来かからなくてもいいものです。ブルーゾーンの百寿者は自然な暮らしをすることで、そうした病気に一切かからず100歳以上まで生き続けています。そして、寿命が来たらコロリと亡くなっています。

バイオハーモナイジングでは知、徳、体の最適化を目指している

ただ健康でい続けることだけが目的でもありません。ボディ、マインド、スピリットの統合を促し、精神的な成長を目指します。自分の使命を全うできるように、知、徳、体を最適化します。

食事、運動、瞑想、農、自然生活

そのために、最適な食事、運動、瞑想などを行っていきます。農的暮らしも大切です。家庭菜園でもかまいません。野菜づくりに携わることで土壌の微生物との関わりができ、また植物や昆虫の観察ができます。太陽や雨などにも敏感になり、自然とのつながりが生まれるからです。これは瞑想するだけでは得られませんし、森林浴からだけでも得られません。何時間も畑で過ごすことで今まで気づかなかった雑草や虫に出会えるからです。さらに重要なことは、食糧生産の現場に触れることができ、持続可能な暮らしが何なのかが理解できるからです。

食事は生きがいダイエット

食事は生きがいダイエットで伝えていることです。

自然派運動法

運動も生きがいダイエットで紹介しています。特に自然とのつながりを重視します。ウォーキングやノルディック・ウォーキング、山登りなど。トレーニングジムは悪くはないですが、できればバーベルなどを使うよりは、ボディ・ウエイト・トレーニングをすすめます。腕立て伏せなど体重のみを使った筋力トレーニング。ヨガ、太極拳、気功など東洋に昔からある鍛錬法はすべていいです。自然の摂理にかなったものばかりなので。さらに気まで整えてくれます。

思考の最適化

これも生きがいダイエットで紹介していることですが、腸内細菌をいい状態にするための思考を日々心掛けます。

精神の最適化

ボディ、マインド、スピリットのスピリットにあたるものですが、知、徳、体で言えば徳、精神や魂と言ってもいいでしょう。これは究極の目的と言えます。そもそもバイオハーモナイジングでなぜ不老不死を目指していないかというと、肉体がすべてだと捉えていないからです。死んでも別の世界に行くのなら、そこまで頑張って肉体を維持しなくてもいいわけです。それよりは、魂を最高の状態にし、今生の目的を達成して死を迎えたいと思いませんか?

かといって、死後の世界を信じていないとバイオハーモナイジングが実践できないわけではありません。特定の宗教観があるわけでなく、各自が自分の信じている価値観で実践すればいいことです。

自然生活とは

自然生活とは、オーガニック食品を食べたり、自然素材の服を着たり、家庭菜園をしたり、発酵食品をつくったりすることですが、同時に、天体の動きとも調和して暮らすことです。春分、夏至、秋分、冬至などを祝ったり、新月や満月に儀式をしたりと太古の人のように自然のリズムを取り戻すことです。

科学と英知の融合

それでいて科学も重視します。ただ昔の生活に戻るのではなく、これまでの進化でわかってきた科学的発見は取り入れ、最適化できる方法があればそちらを採用します。自然の摂理を超えない範囲でです。日本古来からある自然医学的な考え方と現代科学のバランスが大事だと考えています。

シリコンバレーから日本の里山へ

これが日本発であり、しかも里山から始まっていることに意味があります。シリコンバレーはかつては革命的な場所でした。若きスティーブ・ジョブスがマッキントッシュを開発したころには革新的なエネルギーで満ち溢れていましたが、今の姿はどう考えてもそのエネルギーが感じ取れません。シリコンバレーやシアトルの巨大ハイテク企業がこぞって不老不死産業に投資しているようですが、下手をすると、有史以前に存在したと言われる高度な文明の末期に起きた、バイオテクノロジーの暴走のようになるのではないかと、危惧してしまいそうです。

やはり、東洋です。昔からスピリチュアリティの中心地であり、長年の霊的伝統を持つ東洋から、自然としっかりつながった里山から広めていく必要があると感じています。自然とのつながりがブレない意識をもたらします。それこそが本当の意味でのスーパーヒューマンを作り出すと思っています。

282人

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional