持続可能な社会へのパラダイム・シフトに向けた情報発信サイト

hyakurevo

小説『百姓レボリューション』

画像の説明

2013年 大震災が起き、貨幣経済が崩壊する。
東京は壊滅し、ゴーストタウンと化す。
大混乱の中、500人の百姓たちが立ち上がった。

これからの時代の主役は他でもない百姓です。百姓万歳! 
(小野寺隆)

蚊には刺されるし、草に触れて腕はかゆくなるし、泥だらけになるし、汗は出てくるし、おまけに腰と背中が痛くなってくる。こんなことやりたくなかったから田舎を出たというのに。やれやれ。
(新村ケン)

詳しい粗筋

アマゾンにてプリント・オン・デマンド版(紙版)が発売中

『百姓レボリューション』プリント・オン・デマンド版
https://www.amazon.co.jp/dp/4991064805

プリント・オン・デマンドは注文を受けてから印刷し、製本するので通常の本よりも発送に時間がかかることをご了承ください。クレジットカード払いの場合、2、3日はかかるとみておいてください。コンビニ決済等の場合、さらに日数がかかると思います。最長で10日ぐらいかかることもあるそうです。受注から製本、発送まですべてアマゾンのほうで対応していますので、お問い合わせは直接アマゾンのカスタマーサービスへお願いします。

なお、どうしても早く読みたいという方はkindle版をお勧めします。その場でダウンロードできますのですぐに読み始めることができます。

kindle、POD版の違いなどについては下記の動画をご覧ください。
『百姓レボリューション』・シリーズPOD版発売記念メッセージ
https://youtu.be/rv22oB6r1KE

kindle版はこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B072MP2B9D

登場人物

新村ケン

東京都国立市に住む翻訳家。グローバルに活躍し、息子をバイリンガルに育てる。

小野寺隆

長年自給自足の生活をし、最近栃木県茂木町に百姓ビレッジというエコビレッジを建設する。

新村かおり

ケンのパートナー

新村徹

ケンとかおりの息子

中島

百姓ビレッジの事務局長

一郎

百姓ビレッジ幹部の一人。長年自然農をしてきている。

かっちゃん

百姓ビレッジ幹部の一人。

智也と恵子

東京都中野区でフェアトレード・ビーガン・カフェを営む夫婦。

ヨーロッパのエコビレッジを転々とし、エコビレッジからパーマカルチャーまで何でも詳しい若者。

宏美

長年瞑想教室を開いている。マクロビオティックを実践し、指圧もできる。

次郎ちゃん

横浜出身の40代の会社員。

キーワード

小説には様々なキーワードが登場します。ここではそれぞれの意味を説明します。

自然農

川口由一さんが提唱している不耕起、無肥料、無除草農法。
詳細はこちらをクリック

エコビレッジ

お互いが支え合う社会づくりと環境に負荷の少ない暮らし方を追い求める人々が作るコミュニティ。
詳細はこちらをクリック

自給自足

自分の食べるものを自分でつくる農的暮らし。
詳細はこちらをクリック

ローカリゼーション

経済等の営みを地域レベルで行うこと。
詳細はこちらをクリック

22702人

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional