持続可能な社会へのパラダイム・シフトに向けた情報発信サイト

survivalbook

大変動時代を生き抜く完全サバイバル・マニュアル2

3.11以降社会は大きく変わりました。とうとう未曾有の時代に突入してしまいました。これからの時代に生き残るためには、今までのライフスタイルを180度転換させなければなりません。では、具体的にどうすればいいのか。その答えがすべて書いてあるマニュアルです。

画像の説明

御注文
1000円(税込み)プラス送料、プラス振込手数料がかかります。

『サバイバル・マニュアル2』の目次

配送に関して

月、木に発送しています。

ゆうメール(1冊の場合、送料:300円)で発送しますので、発送後、翌日か翌々日の到着予定となります。ただいま注文が多く、月曜発送予定のものが火曜日になったり、木曜発送予定のものが金曜日になったりしますことをご了承ください。

代金は商品発送時に郵便振替振込取扱票を同封致しますのでそちらを使って振り込んでいただきます。インターネットバンキングからの振り込みも可能です。

『サバイバル・マニュアル2』の目次

トランプ大統領誕生によって世界は戦国時代へ

トランプ大統領就任により、アメリカの覇権が揺らぎます。イギリスのEU離脱によって、EUの力も弱まり、アメリカ、イギリス、EUがリードする世界からリーダーのいない戦国時代に移行するのでしょうか。

ますます国内自給率を上げる必要が

TPPが頓挫することによって日本も内需に力を入れなければなりません。経済のローカル化を進めるにはいいチャンスです。同時に貿易には頼れなくなってくるので、ますます国内自給率を上げる時です。

石油はもうない

石油の埋蔵量は限られています。新たな油田が見つかったという報道もありますが、埋蔵資源であることに変わりありません。石油ピークはいずれやってきます。石油がなくなると遠くからの輸送もできなくなり、食糧の輸入もきびしくなります。

自給自足時代に突入

原発、TPP、中国や北朝鮮外交などにおける政府の対応を見ていても、如何に国があてにならないかが明白になったことでしょう。今後日本はアメリカとどう交渉していくのでしょうか。あてにできないですね。これからは、自分の身は自分で守らなければなりません。食、エネルギーなどの自給時代が始まったのです。

最初に読む本

自給自足といっても何からどう手をつけたらいいかわかりません。その手の本もいろいろあるけれど、どれから読んだらいいのか。この本から読んでください。この本にはこれからの時代のサバイバルについての全体像が書いてあります。参考文献も豊富で、次に何を読めばいいかもわかります。田舎への移住に関してはこの本、農法に関してはこの本という具合に。

今こそ多くの人が新しいパラダイムに向けて移行する時

本書で紹介するサバイバル術は、持続可能な未来につながる新しいパラダイムとなります。個人レベルの対策から地域レベルの対策まで、総合的に社会を移行させる、ホリスティックなアプローチです。

価格

1000円(税込み)プラス送料、プラス振込手数料がかかります。

御注文
『サバイバル・マニュアル2』の目次

9323人

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional